English

用語集

用語集

医学用語集|用語集|一般のみなさまへ|日本消化器病学会

腸閉塞(イレウス)

1.腸閉塞とは

いろいろな原因によって、小腸や大腸で内容物(食べた物)の通過が悪くなったり、完全に遮断されることによって、腸管内容物が肛門方向に運ばれなくなるために生ずる病気です。すぐに原因を除かないと、全身状態が急激に悪化して死に至りますので、後述の症状が出たら早急に専門医を受診して適切な治療を受けることが大切です。

2.原因

次の2つが考えられます。

1)機械的腸閉塞

腸管内の異物(硬い便、腸石、食物のかたまりなど)の存在や腫瘍(がんや巨大ポリープなど)の発生により、腸の内容物が通らなくなる。また、腸どうしが重なり合うか捻じれ合って、腸の内容物が通らなくなる。

2)機能的腸閉塞

腸を支配している神経が障害され腸管運動が低下するために腸の内容物が停滞して蓄積する。

3.症状

おならや大便が出なくなる、腹部膨満(おなかが張る)、吐き気や嘔吐、腹痛などの症状が出ます。

4.治療

機能的腸閉塞の場合は、腸の運動を亢進させる薬を用いたり腹部を暖めたり浣腸をして便の排出を促すなどの治療をします。機械的腸閉塞の場合は、原因である腸のねじれ、索状物による腸圧迫、腸内異物や腫瘍を手術により除去します。えし腸管の血流障害で腸が壊死を起こさないうちに早く手術することが大切です。

 

レントゲン検査で拡張した小腸のループを多数認める。腸管内には液体が貯留しているので、立位では水平面(鏡面)を形成する。

腸閉塞(イレウス)に関連する消化器NOWの記事

ページトップへ