English

甲信越支部

甲信越支部

支 部 長 寺井 崇二(新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器内科分野)
事 務 局 新潟大学医学部消化器内科
〒951-8510 新潟市中央区旭町通1-757
TEL:025-227-2207 / FAX:025-227-0776
E-mail:sunship3@med.niigata-u.ac.jp
URL:http://www.shokaki-koushinetsu.e-doctor.info/ 

支部例会のご案内

第65回例会

会  長 依田 芳起(山梨県厚生連健康管理センター)
会  期 2019年11月02日(土)-03日(日)
会  場 アピオ甲府
内  容

謹啓
 この度の台風19号による災害に際し、各地で被害を受けられた支部会員の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
そして、この未曾有の困難の中で、地域医療のために献身的なご努力を続けていることに深く敬意を表する次第です。
 消化器病学会甲信越支部としましては、慎重な検討の結果、11月2日、3日に甲府で開催されます支部例会の開催につきまして、予定通り開催することとしましたが、内視鏡学会甲信越支部局、支部例会長とも合議の結果、すでに演題を登録しておられた先生で、今回の災害のために発表に来場することが困難な事案に対しまして、事務 局での審査を行ったうえで誌上発表も可能とすることとしました。
 つきましては、ご希望の先生におかれましては、

演題名,演者,所属,来場できない理由

 をメールにて
日本消化器病学会甲信越事務局
sunship3@med.niigata-u.ac.jp
担当:上村顕也
 あて、10月28日までにご連絡ください。
 最後になりましたが、被災からの一日も早いご復興をお祈り申し上げます。

謹白

日本消化器病学会甲信越支部長
寺井 崇二





※第87回日本消化器内視鏡学会甲信越地方会と合同開催
※詳細は抄録集(PDF)をご参照ください。

合同シンポジウム(指定)
「明日のあなたが進む道」
基調講演「その先を見据えた働き方の選択と支援を考える」
演者:名越澄子(埼玉医科大学総合医療センター消化器・肝臓内科教授)
東京医科大学の入試問題が発覚、是正され、女性医師はさらに増えることが予想される。 多くの場合、女性医師はライフイベントを前に、仕事と生活のバランスを見据えて、自 身のあり方を考えることになる。何に優先順位をつけて、どう働くべきか、選んだ後に やり直せるチャンスはあるのか。今後は性別を問わずに課題になるであろう。明日、あ なたがどんな道をどんな風に進んでいくのか、実際の支援体制や様々視点からの経験を ディスカッションしていく。

合同ワークショップ1(指定・公募
「消化器専門医研修の魅力的なプログラム構築をめざして-研修医の期待・要望を含め-」
 新専門医制度発足の間もない時期であり専門医研修のあり方が問われている。この時期 であるがために研修指導法や、それぞれの地域の特徴を学ぶ良い機会と考える。
 各県における消化器専門研修医の研修プログラムの現状を発表していただき実施状況・ 問題点・改善点、またその特徴を示していただくことで、各医療施設での共有化を図り さらに魅力あるプログラム構築の一助となるような発表を期待したい。一方で、消化器 を専攻した後期研修医は、何を学会・医局・病院に要望・期待するかの発表により双方 向の理解を深め、消化器病を目指す医師への後押しができるよう研修病院、医局からの 発表をお願いする。

合同ワークショップ2(指定・公募
「対策型胃内視鏡検診の現状と今後の取り組み」
座長:大高雅彦(山梨県厚生連健康管理センター副所長)
 胃内視鏡検診実施状況では新潟は先進県のひとつであり、山梨は任意検診を含めて内視 鏡受診者が以前から多い特徴がある。2 次読影の判定状況、再検査判定率、再検査率、ピ ロリ未感染者や除菌者への対応、望ましい検査間隔、運営方法なども含めた内容を検討 し、胃内視鏡検診の今後、拡大に向けての問題点について議論を深めていただきたい。

一般演題(公募)

一般演題(研修医(卒後2年迄)(公募)

一般演題(専修医(卒後3-5年)(公募)

第17回専門医セミナー
肝臓に関する症例検討 2題
胆のう・膵臓に関する症例検討 2題

 

募集要領 上記演題はインターネットでの応募となりますので奮ってご応募ください。

【人を対象とする医学系研究に関する倫理指針について】
演題発表の際には、「日本消化器病学会 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき行って下さい。
倫理指針Q&A

【医学系研究の利益相反の自己申告について】
利益相反の自己申告は、「医学系研究の利益相反に関する指針および運用細則」に則り行って下さい。
演題をご登録いただくにあたり、その演題の内容に関連して利益相反が生じる場合には、演題登録時にご申告下さい。
利益相反Q&A
募集期間 演題募集は9月18日(水)正午をもって締め切らせて頂きました。
多数のご応募ありがとうございました。
なお、採択となった演題一覧はこちらです。
託 児 所 当日は会場内に託児所を用意いたします。
利用をご希望される方は、下記の要領をご確認の上、「所属」、「氏名」、「お子様の氏名」、「お子様 の年齢」、「利用される時間帯」を明記し、事前に申し込みいただきますようお願いいたします。
【要領】
対象年齢:1歳~就学前まで
保育時間:8日(土)午前8時30分~午後6時
     9日(日)午前8時30分~12時
食事・おやつの提供:なし
料金:無料
申込先:甲信越支部第65回例会事務局
    担当:佐野
    E-mail:koushinetsugodo@y-koseiren.jp
    TEL:055-223-3635
参 加 費 2,000円
更新単位 5単位(専門医セミナー参加の場合は3単位加算)
主催事務局 山梨県厚生連健康管理センター健康増進部医事課
担当:佐野 貴子
TEL:055-223-3635  FAX:055-237-5889
E-mail:koushinetsugodo@y-koseiren.jp

第66回例会

会  長 須田 剛士(新潟大学医歯学総合病院地域医療教育センター魚沼基幹病院)
会  期 2020年06月06日(土)-07日(日)
会  場 新潟大学旭町キャンパス内 新潟医療人育成センター
内  容 ワークショップ1「胆膵疾患のインターベンション」(公募)

ワークショップ2「H. pylori感染症と胃癌の地域間較差」(公募)

ワークショップ3「門脈圧亢進症へのアプローチ」(公募)

一般演題(公募)

一般演題(研修医(卒後2年迄)(公募)

一般演題(専修医(卒後3-5年)(公募)

第18回専門医セミナー
アンサーパッドを用いた症例検討と専門医による総括
6月6日(土)09:30-10:30
テーマ1:炎症性腸疾患
司会:横山 純二(新潟大学医歯学総合病院光学医療診療部)
6月6日(土)10:30-11:30
テーマ2:肝疾患
司会:松本 晶博(信州大学医学部肝疾患診療相談センター)
6月7日(日)10:00-11:00
テーマ3:胆膵疾患
司会:森田 慎一(新潟大学地域医療教育センター消化器内科)
募集要領 上記演題はインターネットでの応募となりますので奮ってご応募ください。

【人を対象とする医学系研究に関する倫理指針について】
演題発表の際には、「日本消化器病学会 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき行って下さい。
倫理指針Q&A

【医学系研究の利益相反の自己申告について】
利益相反の自己申告は、「医学系研究の利益相反に関する指針および運用細則」に則り行って下さい。
演題をご登録いただくにあたり、その演題の内容に関連して利益相反が生じる場合には、演題登録時にご申告下さい。
利益相反Q&A
募集期間 練習登録開始-2020年01月15日(水)
本番登録開始-2020年02月12日(水)
演題募集締切-2020年04月08日(水)正午
参 加 費 2,000円
更新単位 5単位(専門医セミナー参加の場合は3単位加算)
主催事務局 新潟大学医歯学総合病院地域医療教育センター魚沼基幹病院 消化器内科
〒949-7302 新潟県南魚沼市浦佐4132
TEL:025-777-3200  FAX:025-777-2811

支部例会演題応募要領

演題の応募はホームページからのみになります。
日本消化器病学会各支部例会では一般演題,その他(主題演題)を公募致しますので奮ってご応募下さい。

詳しくはこちらをご確認ください。 

教育講演会

第42回教育講演会

会  長 依田 芳起(山梨県厚生連健康管理センター)
会  期 2019年11月02日(土)15:10-18:10(予定)
会  場 アピオ甲府
内  容 ※詳細は抄録集(PDF)をご参照ください。

講演1「慢性肝疾患の自然史を俯瞰した治療と病態モニタリング」
黒崎 雅之(武蔵野赤十字病院消化器科部長)

講演2「肝門部胆管狭窄の診断と治療」
梛野 正人(名古屋大学大学院腫瘍外科学教授)

講演3「胃癌に対する外科治療の最近の動向と今後の展望」
市川 大輔(山梨大学医学部附属病院消化器外科教授)
参加方法 当日受付
参 加 費 1,000円
更新単位 9単位
主催事務局 山梨県厚生連健康管理センター健康増進部医事課
担当:佐野 貴子
TEL:055-223-3635  FAX:055-237-5889
E-mail:koushinetsugodo@y-koseiren.jp

第43回教育講演会

会  長 須田 剛士(新潟大学医歯学総合病院地域医療教育センター魚沼基幹病院)
会  期 2020年06月06日(土)13:30-18:30(予定)
会  場 新潟大学旭町キャンパス内 新潟医療人育成センター
内  容 テーマ1:情報工学と医療

テーマ2:腸内細菌と消化器疾患
演者:高橋 暁子(がん研究所がん生物部)

テーマ3:情消化器疾患における再生医療
演者:江口  晋(長崎大学院移植・消化器外科)
参加方法 当日受付
参 加 費 1,000円
更新単位 9単位
主催事務局 新潟大学医歯学総合病院地域医療教育センター魚沼基幹病院 消化器内科
〒949-7302 新潟県南魚沼市浦佐4132
TEL:025-777-3200  FAX:025-777-2811

ページトップへ