English

甲信越支部

甲信越支部

支 部 長 寺井 崇二(新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器内科分野)
事 務 局 新潟大学医学部消化器内科
〒951-8510 新潟市中央区旭町通1-757
TEL:025-227-2207 / FAX:025-227-0776
E-mail:sunship3@med.niigata-u.ac.jp
URL:http://www.shokaki-koushinetsu.e-doctor.info/ 

支部例会のご案内

第64回例会

会  長 小嶋裕一郎(山梨県立中央病院)
会  期 2019年06月08日(土)
会  場 アピオ甲府
内  容 合同シンポジウム(指定・公募
「消化器病におけるゲノム診療の新展開」
2018年ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑教授のPD-1発見をきっかけに開発されたニボルマブが、消化器病疾患でははじめて胃癌に保険適応になりました。さらに、ペンブロリズマブが従来の抗癌剤治療に不応のマイクロサテライトインスタビリティーhigh (MSI-H, dMMR)の症例に適応となり、消化器病領域におけるゲノム解析に基づいた治療が展開されつつあります。これらを踏まえて、各病院の取り組み・診療検査態勢の構築・使用経験等に関して、本シンポジウムにおいての発表をお願い致します。

合同ワークショップ(指定・公募
「消化器病変に対する侵襲の少ない内科・外科治療」
ESDをはじめとする内視鏡治療・腹腔鏡手術・ロボット手術は、従来の外科治療にかわる治療法として日々の治療に欠かせない存在となっています。入院期間が短期なこと、侵襲が少ないことから高齢化社会を迎えさらにその重要性は増してきております。これらの治療法の基本から施設における工夫・革新的な手技・偶発症対策等について幅広く情報を提供して頂き、日々の診断・診療の一助になる機会にしたいと考えています。多くの施設からの応募をお願い致します。

一般演題(公募)

一般演題(研修医(卒後2年迄)(公募)

一般演題(専修医(卒後3-5年)(公募)

第16回専門医セミナー
募集要領 上記演題はインターネットでの応募となりますので奮ってご応募ください.

【人を対象とする医学系研究に関する倫理指針について】
本学会では、学術集会での演題発表・機関誌への論文発表の際には、「日本消化器病学会 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき行って頂くこととなりますので、ご注意下さい。
倫理指針Q&A

【医学系研究の利益相反の自己申告について】
本学会の利益相反に関する自己申告は、「医学系研究の利益相反に関する指針および運用細則」に則り行って下さい。
なお、指針および運用細則は、2017年12月に一部改訂となり(2018年1月より施行)、申告基準額等が変更となりましたのでご注意下さい。
今回、演題をご登録いただくにあたり、その演題の内容に関連して利益相反が生じる場合には、演題登録時にご申告頂きますようお願い申し上げます。
利益相反Q&A
募集期間 演題募集は4月17日(水)正午をもって締め切らせて頂きました。
多数のご応募ありがとうございました。
託 児 所 当日は会場内に託児所を用意いたします。
利用を御希望される方は下記の要領をご確認いただき、「所属」、「氏名」、「お子様の氏名」、「お子様の年齢」、「利用される時間帯」を明記の上、事前に申し込みいただきますようお願いいたします。

【要領】
対象年齢:1歳~就学前まで
保育時間:8日(土)午前8時30分~午後6時
     9日(日)午前8時30分~午後2時
食事・おやつの提供:なし
料金:無料
申込先:甲信越支部第64回例会 事務局
    担当:武井
    E-mail:64jsg-kse@ych.pref.yamanashi.jp
    TEL:055-253-7111 / FAX:055-253-8011
参 加 費 2,000円
更新単位 5単位(専門医セミナー参加の場合は3単位加算)
主催事務局 山梨県立中央病院消化器内科
担当:細田 健司,桐戸 詩乃(事務)
TEL:055-253-7111  FAX:055-253-8011
E-mail:64jsg-kse@ych.pref.yamanashi.jp

第65回例会

会  長 依田 芳起(山梨県厚生連健康管理センター)
会  期 2019年11月02日(土)-03日(日)
会  場 アピオ甲府
内  容 ※第87回日本消化器内視鏡学会甲信越地方会と合同開催

合同シンポジウム(指定)
「パラレルワールドの女性医師たち」(仮)
基調講演「その先を見据えた働き方の選択と支援を考える」
演者:名越澄子(埼玉医科大学総合医療センター消化器・肝臓内科教授)

合同ワークショップ1(指定・公募
「消化器専門医研修の魅力的なプログラム構築-研修医の期待・要望を含め-」(仮)

合同ワークショップ2(指定・公募
「胃内視鏡検査における現状と今後の取り組み」
座長:大高雅彦(山梨県厚生連健康管理センター副所長)

一般演題(公募)

一般演題(研修医(卒後2年迄)(公募)

一般演題(専修医(卒後3-5年)(公募)

第17回専門医セミナー
10:15-11:15(予定)
肝臓に関する症例検討 2題
司会:井上 泰輔(山梨大学医学部附属病院肝疾患センター副センター長)
11:15-12:15(予定)
胆のう・膵臓に関する症例検討 2題
司会:深澤 光晴(山梨大学医学部附属病院第一内科)
募集要領 上記演題はインターネットでの応募となりますので奮ってご応募ください.

【人を対象とする医学系研究に関する倫理指針について】
本学会では、学術集会での演題発表・機関誌への論文発表の際には、「日本消化器病学会 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき行って頂くこととなりますので、ご注意下さい。
倫理指針Q&A

【医学系研究の利益相反の自己申告について】
本学会の利益相反に関する自己申告は、「医学系研究の利益相反に関する指針および運用細則」に則り行って下さい。
なお、指針および運用細則は、2017年12月に一部改訂となり(2018年1月より施行)、申告基準額等が変更となりましたのでご注意下さい。
今回、演題をご登録いただくにあたり、その演題の内容に関連して利益相反が生じる場合には、演題登録時にご申告頂きますようお願い申し上げます。
利益相反Q&A
募集期間 練習登録開始-2019年06月12日(水)
本番登録開始-2019年07月03日(水)
演題募集締切-2019年09月11日(水)正午
参 加 費 2,000円
更新単位 5単位(専門医セミナー参加の場合は3単位加算)
主催事務局 山梨県厚生連健康管理センター健康増進部医事課
担当:佐野 貴子
TEL:055-223-3635  FAX:055-237-5889
E-mail:koushinetsugodo@y-koseiren.jp

支部例会演題応募要領

演題の応募はホームページからのみになります。
日本消化器病学会各支部例会では一般演題,その他(主題演題)を公募致しますので奮ってご応募下さい。

詳しくはこちらをご確認ください。 

教育講演会

第41回教育講演会

会  長 小嶋裕一郎(山梨県立中央病院)
会  期 2019年06月08日(土)14:00-17:00(仮)
会  場 アピオ甲府
内  容 講演1肝臓癌に対する外科切除の現状」
飯室 勇二(山梨県立中央病院肝胆膵外科・消化器病センター)

講演2「胆膵領域におけるInterventional EUS」
伊佐山浩通(順天堂大学医学部附属順天堂医院消化器内科)

講演3「消化管腫瘍に対する内視鏡治療の進歩」
矢作 直久( 慶應義塾大学腫瘍センター)
参加方法 当日受付
参 加 費 1,000円
更新単位 9単位
主催事務局 山梨県立中央病院消化器内科
担当:細田 健司,桐戸 詩乃(事務)
TEL:055-253-7111  FAX:055-253-8011
E-mail:64jsg-kse@ych.pref.yamanashi.jp

第42回教育講演会

会  長 依田 芳起(山梨県厚生連健康管理センター)
会  期 2019年11月02日(土)15:10-18:10(予定)
会  場 アピオ甲府
内  容 講演1「慢性肝疾患の自然史を俯瞰した治療と病態モニタリング」
黒崎 雅之(武蔵野赤十字病院消化器科部長)

講演2「肝門部胆管狭窄の診断と治療」
梛野 正人(名古屋大学大学院腫瘍外科学教授)

講演3「胃癌に対する外科治療の最近の動向と今後の展望」
市川 大輔(山梨大学医学部附属病院消化器外科教授)
参加方法 当日受付
参 加 費 1,000円
更新単位 9単位
主催事務局 山梨県厚生連健康管理センター健康増進部医事課
担当:佐野 貴子
TEL:055-223-3635  FAX:055-237-5889
E-mail:koushinetsugodo@y-koseiren.jp

ページトップへ