English

東海支部

東海支部

支部長 後藤秀実(名古屋大学医学部消化器内科)
事務局 名古屋大学医学部消化器内科内
〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65
TEL:052-744-2171 / FAX:052-744-2173
E-mail:shokakit@med.nagoya-u.ac.jp
URL:http://www.jsge-tokai.jp 

支部例会のご案内

第126回例会

会  長 小島 孝雄(朝日大学歯学部附属村上記念病院消化器内科)
会  期 2017年06月24日(土) 9:00-17:00(予定)
会  場 長良川国際会議場
内  容 シンポジウム1(消化管)
「非腫瘍性腸疾患の最新の診断と治療
-炎症性腸疾患、過敏性腸症候群、感染性腸炎、虚血性大腸炎、大腸憩室症などすべてを網羅して-」


シンポジウム2(肝胆膵)
「肝炎から肝癌までのトータルマネージメントの最先端
-肝炎ウイルス対策、線維化・発癌対策、経過観察の方法、肝硬変の合併症対策、肝癌の治療戦略など-」


一般演題 (食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝・胆・膵 ほか)

一般演題(研修医(卒後2年迄)

一般演題(専修医(卒後2-5年迄)
募集要領 上記演題はインターネットでの応募となりますので奮ってご応募ください.

※1 シンポジウムの演者は発表者も含めて3名までとしてください。
※2 所属機関名入力枠には可能な限り正式名称にて所属科までご入力頂きますようお願い致します。


『若手医師(卒後5年以内)研究奨励賞』のご案内
卒後5年以内の若手医師が発表した演題の中から部門毎(①上部消化管領域 ②下部消化管領域 ③胆・膵領域 ④肝臓領域 ⑤外科領域 )に各1名 計5名の優秀演題に対して『若手医師研究奨励賞』として、賞状と奨励金が贈呈されます。
若手医師研究奨励賞に該当される演題応募の際には、一般演題(研修医(卒後2年迄))、または一般演題(専修医(卒後3-5年))のいずれかを選択してください。
今回は演者が 平成24年3月卒業以降の先生が対象 となります。
 
【医学系研究の利益相反の自己申告について】
本学会の利益相反に関する自己申告は、「医学系研究の利益相反に関する指針および運用細則」に則り行って下さい。
なお、指針および運用細則は、2016年12月に一部改訂となり(2017年1月より施行)、申告すべき申告基準額や申告対象年数が変更となりましたのでご注意下さい。
今回、演題をご登録いただくにあたり、その演題の内容に関連して利益相反が生じる場合には、演題登録後、演題募集締切1週間以内に下記のCOI申告フォームにご入力いただき、ご申告頂きますようお願い申し上げます。

支部例会演題登録用 発表者のCOI申告フォーム 

利益相反に関するQ&A 
募集期間 演題募集は3月29日(水)正午をもって締め切らせて頂きました。
多数のご応募ありがとうございました。
演題申込
練習登録開始 本番登録開始
2017/02/15 2017/02/15
参加費 1,000円
更新単位 5単位
運営事務局 東海支部第126回例会 運営事務局
株式会社セントラルコンベンションサービス
担当:山田、井上
TEL:052-269-3181/FAX:052-269-3252
E-mail:jsge126@ccs-net.co.jp
主催事務局 朝日大学歯学部附属村上記念病院消化器内科
TEL:058-253-8001 / FAX:058-253-3299

第127回例会

会  長 丹羽 康正(愛知県がんセンター中央病院)
会  期 2017年11月11日(土) 9:00-17:00(予定)
会  場 名古屋国際会議場2号館
内  容 シンポジウム1(消化管)
「消化管悪性腫瘍に対する診断と治療の新たな試み」

シンポジウム2(肝胆膵)
「高齢者に対する肝胆膵疾患の診断と治療」

一般演題 (食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝・胆・膵 ほか)

一般演題(研修医(卒後2年迄)

一般演題(専修医(卒後2-5年迄)

※託児所を会場に設置致します。
お申し込み、詳細は、東海支部ホームページをご覧下さい。
募集要領 上記演題はインターネットでの応募となりますので奮ってご応募ください.

※1 シンポジウムの演者は発表者も含めて3名までとしてください。
※2 所属機関名入力枠には可能な限り正式名称にて所属科までご入力頂きますようお願い致します。


『若手医師(卒後5年以内)研究奨励賞』のご案内
卒後5年以内の若手医師が発表した演題の中から部門毎(①上部消化管領域 ②下部消化管領域 ③胆・膵領域 ④肝臓領域 ⑤外科領域 )に各1名 計5名の優秀演題に対して『若手医師研究奨励賞』として、賞状と奨励金が贈呈されます。
若手医師研究奨励賞に該当される演題応募の際には、一般演題(研修医(卒後2年迄))、または一般演題(専修医(卒後3-5年))のいずれかを選択してください。
今回は演者が 平成24年3月卒業以降の先生が対象 となります。
 
【医学系研究の利益相反の自己申告について】
本学会の利益相反に関する自己申告は、「医学系研究の利益相反に関する指針および運用細則」に則り行って下さい。
なお、指針および運用細則は、2016年12月に一部改訂となり(2017年1月より施行)、申告すべき申告基準額や申告対象年数が変更となりましたのでご注意下さい。
今回、演題をご登録いただくにあたり、その演題の内容に関連して利益相反が生じる場合には、演題登録後、演題募集締切1週間以内に下記のCOI申告フォームにご入力いただき、ご申告頂きますようお願い申し上げます。

支部例会演題登録用 発表者のCOI申告フォーム 

利益相反に関するQ&A 
募集期間 練習登録開始-2017年06月28日(水)
本番登録開始-2017年06月28日(水)
演題募集締切-2017年07月26日(水)正午
演題申込
練習登録開始 本番登録開始
2017/06/28(水) 2017/06/28(水)
参加費 1,000円
更新単位 5単位
運営事務局 東海支部第127回例会 運営事務局
株式会社セントラルコンベンションサービス
担当:山田、井上
TEL:052-269-3181/FAX:052-269-3252
E-mail:jsge127@ccs-net.co.jp
主催事務局 愛知県がんセンター中央病院 消化器内科・内視鏡部内
TEL:052-762-6111(代)内線3174 / FAX:052-763-5233

支部例会演題応募要領

演題の応募はホームページからのみになります。
日本消化器病学会各支部例会では一般演題,その他(主題演題)を公募致しますので奮ってご応募下さい。

詳しくはこちらをご確認ください。 

教育講演会

第37回教育講演会

会  長 小島 孝雄(朝日大学歯学部附属村上記念病院消化器内科)
会  期 2017年年06月24日(土) 09:00-16:00
会  場 長良川国際会議場
内  容 講演1【胃】「H.pylori診療up to date」
講師:春日井邦夫(愛知医科大学消化管内科)
司会:城  卓志(名古屋市立大学大学院医学研究科消化器・代謝内科学)

講演2【大腸】「IBDの最新の診断と治療」
講師:荒木 俊光(三重大学病院消化管・小児外科)
司会:吉田 和弘(岐阜大学大学院医学系研究科腫瘍外科学)

講演3【肝臓】「生活習慣病と肝疾患」
講師:清水 雅仁(岐阜大学大学院医学系研究科消化器病態学)
司会:米田 政志(愛知医科大学 肝胆膵内科)

講演4【胆・膵】「IPMNの診療up-date」
講師:廣岡 芳樹(名古屋大学医学部附属病院光学医療診療部)
司会:大原 弘隆(名古屋市立大学大学院医学研究科地域医療教育学)

※タイトルは仮題
参加費 1,000円
参加方法 当日受付
更新単位 18単位(午前9単位,午後9単位)
運営事務局 東海支部第37回教育講演会 運営事務局
株式会社セントラルコンベンションサービス
担当:山田、井上
TEL:052-269-3181/FAX:052-269-3252
E-mail:jsge126@ccs-net.co.jp

ページトップへ