English

お知らせ

お知らせ

専門医更新条件の一部改訂について

消化器病専門医 各位

2014年度の専門医更新申請より更新条件が下記の通り変更となりますので、ご注意くださいますようお願い申し上げます。

2014年度以降

第3条 専門医更新は、取得期間内に次の条件も全て満たすことを要する。更新に必要な単位の取得期間は、認定期間開始日の前年7月1日より5年後の6月30日とする。
(2) 50単位を取得しなければならない。日本消化器病学会専門医更新単位は、別表に定める。
(3) 更新時、認定内科医または総合内科専門医、外科専門医または外科認定登録医、放射線科専門医、小児科専門医のいずれかの資格を有していること。なお、特別措置として2005年1月1日以前の消化器病専門医取得者はこの限りでない。但し、この特別措置は原則として内科系の消化器病専門医には適用しない。
(4) 本学会主催の総会または大会のどちらかに1回以上の出席があること。
(5) 本学会主催の総会ポストグラデュエイトコース、支部教育講演会、JDDW主催のJDDW教育講演のいずれかに1回以上(一日以上)の出席があること。但し、半日単位の総会ポストグラデュエイトコース、支部教育講演会、JDDW教育講演は2回以上(一日以上)の出席があること。

変更後の新更新条件は2014年度の専門医更新申請より施行されます。

専門医研修カリキュラムについて

会員 各位

既にご周知のとおり、専門医認定申請(専門医認定試験受験)では、「専門医研修カリキュラム(冊子)」の提出が必要となります。
専門医認定試験受験をご検討されている方は、「専門医研修カリキュラム(冊子)」をご請求の上、認定研修(消化器臨床研修)を開始下さいますようお願い申し上げます。
なお、専門医研修カリキュラム(冊子)請求については、こちらの研修カリキュラムのページ内「専門医研修カリキュラム(冊子)請求フォーム」よりご請求下さい。
※総会、大会時の日本消化器病学会事務局ブースにおいても、ご希望の方に配布致します。

専門医制度における消化器病専門医認定申請に関する条件の変更について

会員 各位

専門医試験受験をご検討されている先生方におかれましては,専門医認定申請(専門医試験受験)に関して,下記のとおり変更となりますのでご注意ください.

専門医認定申請では,教育講演会等の参加実績の確認として講演終了時に発行される参加証(出席)のコピーを提出いただく事が必要です.参加費を納入された際に発行される「領収書」では,出席の証明は出来ません.参加証(出席)を紛失された場合,再発行は出来ませんので,専門医認定申請を行う時まで大切に保管ください.

 <専門医申請条件> 専門医認定を申請する者は,次の条件を全て満たすことを要する.

  1. 日本国の医師免許証を有し,医師としての人格及び見識を備えていること.
  2. 申請時において継続4年以上本学会の会員であること.
  3. 会員として本学会が主催する総会ポストグラデュエイトコース,支部教育講演会,JDDWが主催するJDDW教育講演のいずれかに1回以上の出席があること。 但し,半日単位の総会ポストグラデュエイトコース,支部教育講演会JDDW教育講演は2回以上の出席があること.
    ※所属支部以外(他支部)の支部教育講演会に出席も可
    ※申請時迄に参加実績を満たす事を要します
    ※JDDWが主催するJDDW教育講演会については「JDDW教育講演参加証」が必要となります。「JDDW参加証」とは異なります
  4. 申請時において認定内科医または総合内科専門医,外科専門医または外科認定登録医,放射線科専門医,小児科専門医のいずれかの資格を有すること.
  5. 認定施設または関連施設での認定研修を修了していること.
    (1)
    認定内科医資格取得に必要な所定の内科臨床研修修了の後3年以上,外科専門医予備試験受験資格に必要な所定の外科臨床研修修了の後2年以上,放射線科専門医資格取得に必要な所定の放射線科臨床研修修了の後2年以上,あるいは小児科専門医資格取得に必要な所定の小児科臨床研修修了の後2年以上,本規則 により認定される認定施設もしくは関連施設において臨床研修を修了していること.
    (2)
    臨床系大学院に在学中の臨床研修については,研修実績として認めることとする.

総会ポストグラデュエイトコースおよびJDDW教育講演の更新単位登録手続き中止について

本委員会では、2007年より総会会場およびJDDW会場において、総会ポストグラデュエイトコース、JDDW教育講演の専門医更新単位登録も行ってまいりました。
2011年JDDW教育講演の単位登録手続きにおいて、一定の時間に集中し、かつ登録受付場所も狭く混乱を招いたため、2012年10月開催のJDDW神戸より会場での教育講演に関する更新単位登録を中止致します。また、総会ポストグラデュエイトコースも2013年3月開催の第99回総会(鹿児島)より会場での更新単位登録を中止致します。つきましては、総会ポストグラデュエイトコースおよびJDDW教育講演に参加された方は、講演終了時に発行される参加証(出席)のコピーを更新申請書類に貼付する従来の方法で更新手続きを行っていただきたくお願い申し上げます。なお、今後は、総会ポストグラデュエイトコースの参加費を納入された際に発行されるネームカード(領収書等)では、更新単位の加算および出席の証明は出来ません。
(参加証(出席)を紛失された場合、再発行は出来ませんので、更新申請時まで大切に保管ください。)

2013年1月からの教育講演会の運営は、全ての講演にご出席頂くことになり、午前のみ出席、午後のみ出席の場合は、半日出席扱いで更新単位も半分になりますので、ご承知いただきますようお願い申し上げます。

本学会では消化器診療を専門とする優れた医師を養成し消化器病医療の向上を図ることを目的に専門医制度が設けられています。 従って、研修カリキュラムの充実および専門医教育の厳格運営が必要であり、大変お手数をおかけしますが、何卒ご理解ご了承いただきたく、お願い申し上げる次第です。

JDDW教育講演会場での更新単位登録手続きの中止について

本委員会では、2007年よりJDDW会場において、JDDW教育講演の専門医更新単位登録を行ってまいりました。 2011年JDDW教育講演の単位登録手続きにおいて、一定の時間に集中し、かつ登録受付場所も狭いため、混乱をまねきました。 これを踏まえ、本年度よりJDDW教育講演会場での更新単位登録を中止致します。つきましては、JDDW教育講演に参加された方は、更新対象年に送付される更新申請書類にJDDW教育講演の参加証明書コピーを貼付する従来の方法で更新手続きを行ってください。(後日、JDDW教育講演参加証コピーを本部にご送付頂いても更新単位登録は行いません。JDDW教育講演参加証は更新年まで大切に保管ください。)

なお、JDDW学術集会参加の更新単位登録は、従来通りJDDW会場内で受付致します。(受付場所については、抄録集、プログラム、会告等でご確認してください。)

何卒ご理解ご了承くださいますようお願い申し上げます。

2011年東日本大震災被災地区在住の方への特別措置のお知らせ

2011年3月11日に発生しました東日本大震災で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。 本学会専門医制度審議委員会では、これから専門医を新規申請される方および専門医を更新申請される方で震災により学術集会の参加証を紛失された場合、 特別措置の手続きをさせて頂きますので、下記事務局へ会員番号、必要書類送付先住所、氏名を記載の上、FAX等でご連絡ください。

災害救助法適用地域:青森県、岩手県、宮城県、福島県、栃木県、茨城県、千葉県

日本消化器病学会事務局
〒104-0061
東京都中央区銀座8-9-13 K18ビル8階
FAX:03-3289-2359

消化器病専門医英文標記の変更について

消化器病専門医 各位 従来、専門医の英文標記は下記の旧英文を使用しておりましたが、日本専門医制評価・認定機構の指導もあり、2008年8月28日より下記の通り変更致します。何卒よろしくお願い申し上げます。

日本消化器病学会認定消化器病専門医


・Fellow of The Japanese Society of Gastroenterology


Board Certified Gastroenterologist of The Japanese Society of Gastroenterology

ページトップへ