English

専門医制度における消化器病専門医認定申請に関する条件の変更について

専門医制度における消化器病専門医認定申請に関する条件の変更について

会員 各位

専門医試験受験をご検討されている先生方におかれましては,専門医認定申請(専門医試験受験)に関して,下記のとおり変更となりますのでご注意ください.

専門医認定申請では,教育講演会等の参加実績の確認として講演終了時に発行される参加証(出席)のコピーを提出いただく事が必要です.参加費を納入された際に発行される「領収書」では,出席の証明は出来ません.参加証(出席)を紛失された場合,再発行は出来ませんので,専門医認定申請を行う時まで大切に保管ください.

 <専門医申請条件> 専門医認定を申請する者は,次の条件を全て満たすことを要する.

  1. 日本国の医師免許証を有し,医師としての人格及び見識を備えていること.
  2. 申請時において継続4年以上本学会の会員であること.
  3. 会員として本学会が主催する総会ポストグラデュエイトコース,支部教育講演会,JDDWが主催するJDDW教育講演のいずれかに1回以上の出席があること。但し,半日単位の総会ポストグラデュエイトコース,支部教育講演会JDDW教育講演は2回以上の出席があること.
    ※所属支部以外(他支部)の支部教育講演会に出席も可
    ※申請時迄に参加実績を満たす事を要します
    ※JDDWが主催するJDDW教育講演会については「JDDW教育講演参加証」が必要となります。「JDDW参加証」とは異なります
  4. 申請時において認定内科医または総合内科専門医,外科専門医または外科認定登録医,放射線科専門医,小児科専門医のいずれかの資格を有すること.
  5. 認定施設または関連施設での認定研修を修了していること.
    1. (1)認定内科医資格取得に必要な所定の内科臨床研修修了の後3年以上,外科専門医予備試験受験資格に必要な所定の外科臨床研修修了の後2年以上,放射線科専門医資格取得に必要な所定の放射線科臨床研修修了の後2年以上,あるいは小児科専門医資格取得に必要な所定の小児科臨床研修修了の後2年以上,本規則 により認定される認定施設もしくは関連施設において臨床研修を修了していること.
    2. (2)臨床系大学院に在学中の臨床研修については,研修実績として認めることとする.

ページトップへ