English

サイラムザ ® 点滴静注液 適正使用のお願い(肝細胞癌)

サイラムザ ® 点滴静注液 適正使用のお願い(肝細胞癌)

 日本イーライリリー株式会社から以下の「適正使用のお願い」の協力を求められており、会員の皆様におかれましても、ご留意頂けますよう宜しくお願い致します。


 2019年6月18日、ヒト型抗VEGFR-2モノクローナル抗体である抗悪性腫瘍剤サイラムザ®点滴静注液[一般 名:ラムシルマブ(遺伝子組換え)注射液]は、「がん化学療法後に増悪した血清AFP値が400 ng/mL以上の切 除不能な肝細胞癌」にて効能・効果の追加承認を取得しました。
 本剤は、日本を含む国際共同第III相無作為化比較試験(REACH-2試験)により切除不能な肝細胞癌に対す る有効性及び安全性が確認されています。
 医療関係者各位におかれましては、本剤の添付文書、下記初回投与前チェックリストを含む適正使用ガイド 等をご確認いただき、適正使用へのご協力をお願い致します。
 詳細については、下記のPDFファイルをご参照下さい。
   サイラムザ ® 点滴静注液 適正使用のお願い(肝細胞癌)[PDF:330KB]

※不明な点等につきましては、下記にお問い合わせ下さい。
 【日本イーライリリー医薬情報問い合わせ窓口】
  TEL:0120-360-605(医療関係者向け)
  (受付時間:月~金 8:45~17:30)

以上

ページトップへ